2.3 ユーザーのパスワード再設定

Google Apps のユーザーがパスワードを忘れた場合やアカウントのセキュリティが侵害されている、またはその可能性がある場合に、 Google Apps の管理者はセキュリティ保護のため、ユーザーのパスワードをいつでも設定することが可能です。

① コントロールパネルにログイン

管理者権限をも持つユーザーアカウントでコントロールパネルにログインします。

② パスワードの変更

a) [ユーザーとグループ]-[ユーザー]タブで、パスワードを変更したいユーザーをクリックします。

    

b) パスワード項目の[パスワードを変更]をクリックします。

    


c) [パスワード]項目に新しいパスワード、[パスワードの再入力]項目にも入力し、変更を確認します。

入力後、画面下の[変更を保存]をクリックします。

    


※パスワードを再設定した後、ユーザーに新しいログイン情報を通知してください。


【ユーザーが使用しているパスワードの安全度の確認と変更】

管理者はパスワードの長さの要件を設定し、パスワードが安全かどうかを表示することができます。
※この設定は、Google Apps(無償版 50ユーザまで)ではできません。

[高度なツール]-[設定]タブの要件項目で、ユーザーが使用するパスワードの長さの設定を行います。

    

[監視]タブで、ドメインの各ユーザーのパスワードの安全度を確認することもできます。