2.5 ユーザーの使用状況を確認

Google Apps の管理者は、ドメイン内のユーザーの使用状況を監視することができます。使用状況、ディスク容量、アクティブなアカウントと停止中のアカウントのレポートを表示してデータをダウンロードを行うことが可能です。

※この機能は、Google Apps(無償版 50ユーザまで)にはありません。

① コントロールパネルにログイン

管理者権限をも持つユーザーアカウントでコントロールパネルにログインします。

② 使用状況の表示

[高度なツール]の[使用状況とレポートの表示]をクリックします。

    

③ レポートの表示

[レポートの表示]タブをクリックすると、グラフ化された使用状況が表示されます。

    

④ レポートのダウンロード

[レポートをダウンロード]タブをクリックすると使用状況とレポート画面が表示され、日付を指定し[ダウンロード]をクリックすると CSV ファイルでダウンロードを行うことができます。

    


【レポートの詳細】

<アカウント>
ドメインでホストされているアカウントのリストを日別に確認できます。レポートにはアクティブなアカウントと停止しているアカウントの両方が含まれています。アカウントレポートでは指定した日付のデータを確認できます。
<アクティビティ>
ドメインの総アカウント数のほか、ある期間に使用されているアカウントの数や使用されていないアカウントの数を確認できます。このレポートにはメールの閲覧や送信など、ユーザーがメールで行った操作も含まれます。
<ディスク容量>
ユーザーのメールボックスで使用されているディスク容量を確認できます。ドメインの総アカウント数のほか、サイズ別にアカウント数を見ることもできます。使用ディスク容量が 1GB 未満のメールボックスは 100MB 単位のグループ、1GB~10GB のメールボックスは 500MB 単位のグループに分けられます。
<メールクライアント>
ドメイン内のユーザーのアカウントへのアクセス方法を日単位で知ることができます。ドメインの総アカウント数のほか、ウェブメールを使用してアカウントにアクセスしたユーザーの数と割合が日ごとにレポートされます。停止中のアカウントは合計数に含まれません。
<容量制限アカウント>
割り当てたディスク容量に近づいているアカウントや超過しているアカウントを一覧表示します。このレポートには、残り容量が 5%以下のアカウントが含まれます。停止中のアカウントは表示されません。容量制限アカウントレポートでは日付を指定してデータを確認できます。
<概要レポート>
アカウントの合計数、メールボックスの総使用量(バイト単位)、メールボックスの割当容量の合計(メガバイト単位)が記載されています。レポート 1行に 1日分のデータが表示されます。このレポートには停止中のアカウントの情報は含まれていません。
<停止アカウント>
ドメイン内で停止されているアカウントを日別に確認できます。